外食産業の派遣をお探しの方におすすめのお仕事はこちら

外食 派遣

外食産業で派遣スタッフとして働きたいが、どんな仕事があるのか分からない、それでなくても外食控えの流れで需要があるのか分からない。そんな不安を抱えている方には朗報です。日本の外食産業の市場規模は確かに減少傾向にあり、リーマンショック等の影響で冷え込んではいましたが、現在は客単価の上昇等の理由で回復傾向にあります。更に暑い季節は家で調理するより外食する方が節電・節約になるという事で、外食する方が増加傾向にあるようです。その中でもファミリーレストランや定食・うどん・そばといった店舗は比較的順調に回復を続けており、安定感があると言えるでしょう。ただ、他社との価格競争が激化しているファストフードは、健康志向の消費者の増加、中食産業との競争などの理由で市場規模は減少傾向にあるようです。

外食産業への派遣がおすすめの理由

外食産業への派遣は人気があるから希望する仕事に就くのは難しいと思われがちですが、実は外食産業も人手不足に悩まされています。特に飲食サービス業の人手不足は深刻で、年々就業者数が減っていくというかなり厳しい状態です。それでなくてもこの近年続いている異常気象で原材料の確保にコストがかかるところ、人件費までかけていてはコストが合わないと、従業員が働きやすい環境を人件費の為に整備しようという動きもあるようです。また社会全体に安全性・品質を重視する傾向が強まっている為、安定的に原材料を手に入れる為にも原材料の徹底的な内製化を行おうとする企業もあるようです。当然新しいことを始める或いは規模を拡大するためには人材が必要で、ここでもまた人材不足に悩まされているというのが現状です。

外食産業での派遣であった方が良いスキル

外食産業への派遣は思ったより難しくない、という事は伝わったかと思います。ですが、人手不足であるという事は今働いている人・これから働く人への負担が大きいという事でもあります。具体的には席への案内や注文取り、会計といった接客業から、厨房からのヘルプで洗い物をしたり、店舗内を掃除したり、時には店外で帯びこみをしたりという事もあるかもしれません。とにかく任せられる仕事の種類が幅広く、その数も多い為に最初はパニックになってしまうかもしれません。そのため何よりどんな状況でも慌てず、騒がず、落ち着いて対処する胆力があることが望ましいでしょう。もちろん仕事を覚えることも大事ですが、覚えきれない事から自信を無くして辞めてしまう事の方がよほど周りの人は大変です。何十回先輩や上司に質問してでも確実に仕事を身に着けることこそが肝要です。