法人向け名刺で書いておきたいこと

法人向けの名刺を作るためには、そのデザインに何を記載するかが重要となります。新たな取引先として魅力をアピールすることにつながる情報を、この小さなスペースに記す必要があるということです。さらに情報過多にならないよう注意する必要もあります。あまりに細かく多くの情報を詰め込んでしまっては、後で見返すことが面倒に思われるからです。交流会などで交換する名刺の数は数十枚にもなります。それらを全てこまかくチェックする余裕など、できるビジネスマンほど無いわけです。そこで並べられたものから一目で注目されるような個性と分かりやすさを備えたデザインとすることが必要になります。そこで、どのようなコンテンツを書いておけば良いのかを知っておくためにも、ここでポイントを挙げていきます。

法人向けのデザインはシンプルが基本

法人向けの名刺で大切なことは、いかにシンプルにまとめるかということです。そのためには書いておく項目も縛られることになります。まず社名と自分の名前は当然必要となります。そして部署ですが、これも必ず記す必要があります。郵便物を送ってもらう際に、確実に届くようにするためです。他の部署へ回って手元に届くのが遅くなることを防ぐ必要があります。さらに長い部署名ならば、できる限りコンパクトにまとめると喜ばれます。次に連絡先ですが、SNSなど複数の連絡先があるならば、メールアドレスひとつにまとめることが必要です。少しでも内容を少なくして、余白を作る必要があるからです。この余白に交換時にメモを書いてもらうようにするためです。これはファイルした後に読み返すことができるからです。

法人向けの名刺に書いておきたいこと

また法人向けの名刺に是非書いておきたいことがあります。どのような業務に取り組んでいるかということと、どんな理念を持っているかということです。まず交換相手は大量の名刺をファイルして保管しています。その中から新たな取引先を選ぶ際に、それに必要な会社を効率良く探すことになります。そこで業務内容に関して簡潔に書いている会社は、細やかな配慮ができると判断されます。さらに経営理念にも触れていれば、なお効果は高まります。この2つは是非名刺に書いておきたいことと言えます。そこに何を記すかによって、会社の取り組みというものが伺えるようになります。このようにデザインを工夫することでその経営方針までも判断できるようになり、新たなビジネスチャンスを広げることにつながるというわけです。