派遣で人気の外食産業のお仕事はどのようなものがあるか

外食 派遣

外食産業で派遣のお仕事を探している方は、どのような内容の仕事があるのかが気になるところです。そこで仕事内容やその業務の種類などをお教えしながら、正社員になれるまでの期間などもご説明していきますので、これを参考に自分の希望に合った派遣の仕事を探してみて下さい。外食産業の派遣の仕事と言うと、ホールや厨房での店舗業務が主に思い浮かぶところではありますが、募集内容には庶務業務や人事労務などの表に出ない仕事も多数あります。また、プロモーション営業の業務も派遣業務として募集があるので、まさに多種多様な募集があると言えるでしょう。更に食品開発部門、分かりやすく言うと新メニューの開発を請け負う仕事などもあり、スタートは派遣でも憧れの職業に就ける可能性も十分にあるのが外食産業です。

外食産業の派遣期間はどの程度なのか

それでは次に外食産業の仕事で、派遣募集から契約社員や正社員になる場合その期間がどの程度なのかというお話をします。一般的に派遣から契約社員や正社員になるという場合、職種によって早いと数ヶ月というパターンもありますが、外食産業の場合は概ね半年程度の派遣期間があり、その後契約社員へとステップアップするパターンが多くなっています。契約社員の場合、その上限は3年程度で期間内にある程度の成績を残していれば正社員へと更にステップアップする事もあります。ただ派遣期間が最長6ヶ月などという明記があり、実際6ヶ月経って契約社員へとなった人は、正社員になれる可能性は相当低いものであるのも現実です。今の時代は採用する企業側もあまり大きなリスクを負わずに、有力な人材のみを育てていきたいという本音もあります。

外食産業の派遣で働く条件はどの様なものか

期間などのお話をしたところで、外食産業の派遣で働く条件面と契約社員や正社員になった場合の条件面の違いですが、基本的に派遣社員として働いている内は時給でのお給料換算となります。何時から何時まで、昼休憩が1時間でその間は無給、残業代は何時間まで支給などという内容が細かく決まっています。そこから契約社員や正社員とステップアップしていくと、月収や年収単位で金額が決まり、更に福利厚生の面で社会保険が完備され、有給休暇や産休や育休が付くなどがあります。派遣社員であっても産休や育休が付くという会社もありますが、あまり取得に意欲的ではない、その後の復帰が難しく結局退社してしまったなどという話も少なくないので、できれば正社員を目指したいところです。以上を参考に自分の希望に合う仕事を見つけて下さい。